レッスンについて


【Shiorikoアクセサリー教室のレッスン形態】

 

●対面レッスン

単発の1DAYレッスンからコースレッスンまで

各レッスン会場にて対面で受講できるレッスンです。

 

 

●通信レッスン

テキスト+動画+メール、LINEでの質問OK

 

お手持ちのパソコン、タブレット、スマホで

自宅にいながらお好きなタイミングで受講できる通信レッスンです。

 

※2020年再構築中。もう少しお待ちください。

 

【Shiorikoアクセサリ教室でできるレッスンの内容】

 

●ワイヤーかぎ針編みアクセサリー

●コード結びアクセサリー

●マクラメ雑貨

 


ワイヤーかぎ針編みアクセサリーって??

ワイヤーかぎ針編みアクセサリーは
毛糸をかぎ針で編むのと同じ編み方で作ります。
使う道具はかぎ針編みと同じかぎ針。これ1本は必須。
同じ技術、同じ編み方といっても
パールやビーズを入れながら編みます。
かぎ針の他に
ワイヤーを切るニッパー
ピアス、イヤリングの金具にとじ付けるための
ペンチなどの工具も
アクセサリー作りにはかかせません。
ワイヤーの始末をしたり
きれいに整えるために目打ちを使ったり
ワイヤーのかぎ針編みといっても
基本のアクセサリー作りも欠かせないところです。
毛糸ではなく ワイヤーを編むことで
毛糸編みでは表現できなかったこと
編んだモチーフを自由に形を変えられるということも魅力の一つです。

 


コード結びアクセサリーとは??

Shiorikoのいうコード結びアクセサリーは
一般にいうマクラメで編むのと同じものを使いつつ
素材はステンレスコードという金属の質感があるようなコードや
グリフィン糸というシルクの細いコードを使います。
 
マクラメと同じ技術、同じ結び方といっても
パールやビーズを入れながら結びます。
使うお道具は 結ぶときに固定させるために使う
こちらのお道具のみ。
ピアス、イヤリングのモチーフだったら 小さめなコルクボードで大丈夫。
ネックレスなどの場合はもう少し大きめのボードを使うこともあります。

あと揃えるといっても コードを切るハサミと接着剤くらい。
ビーズアクセサリー作りで大変なのは専門のお道具がいらず
少ない道具のみで場所を取りません。
コード結びは後で形を整えることなく
結んだそのままの形ですが
その過程もつい夢中になって結ぶことが楽しくなります。